デスクトップの特徴

持ち運ばないのならデスクトップを

法人用パソコンには、デスクトップタイプとノートタイプがありますが、会社での使い方を考えてから導入しなけれ後悔するかもしれません。1台だけではなく、たくさん導入する会社もあるでしょうから、きちんと判断した上で適切なほうを選定しましょう。
もしも、持ち運びを考えていないのなら、デスクトップを購入したほうが無難です。ノートタイプは快適に持ち運べるように、本体のサイズが小さいため、カスタマイズが難しくなっています。そのため、デスクトップと同じ性能をノートパソコンで用意しようとすると、倍の金額になってしまうこともあるくらいです。
したがって、『持ち運ぶこともたまにはある』というのなら、別途ノートパソコンを数台揃えたほうがよいでしょう。

簡単にカスタマイズが可能

文章作成やデザインなど、会社で行う業務によってパソコンの利用方法は違うはずです。そのため、必要とするパソコンのスペックも異なってきます。その問題を解決してくれるのが、デスクトップパソコンのカスタマイズ性です。
CPUやメモリを増やして動作を快適にすることもできますし、パーツを付け足すことで大幅なスペックアップも行えます。ビデオカードやサウンドカードを増設すれば、エンターテイメント分野でも活躍できるパソコンを用意することも可能です。
また、法人用のデスクトップパソコンなら、最小の構成での注文もできます。無駄な機能やパーツをすべて省いたパソコンを導入できるので、安いコストで、ビジネスに活用できるでしょう。

© Copyright Kind Of Personal Computer. All Rights Reserved.